スポンサーリンク


BLOG 毒母ノート

毒母がお風呂に入れてくれない時になぜ、勝手にお風呂入ったりシャワーを浴びたりしなかったのか?

更新日:

以前の「母がお風呂に入れてくれない」記事を読んで、多くの人が感じるだろう。

「なぜ、勝手にお風呂入ったりシャワーを浴びたりしなかったの?」


私も今、その場面を振り返ると、とても滑稽に見える。

朝、早く起きてこっそりシャワーを浴びれば良いではないか。
小遣いで洗顔料を買って清潔にすればよいではないか。

そうすれば、私は、学校で惨めな思いをしなくてもよかったのではないか。

 

10代の私は、母の意向に背くことは、なぜかしなかった。

「したいけどできなかった」というような積極的な動きではない。

私は、母に反対されたことは、決してしなかった。
母の言葉に、ひたすら従順な私がいた。

…母に従わねばならない。

…母の言うことを聞かないと怖い。

そんな風に考えたことはなかったように思う。

母の考えを読み、顔色をうかがい、今母に言う言葉は何が適切か、どんな行動が母に受け入れられるのか、そう考えて先回りするのが私の常だった。

 

ただ、私の中で自分でも意識していない、でも、思春期の女の子にあって当然の感情、願望が、私の中でどんどんと膨らんでいく。

誰も攻撃しないで。

嫌われたくない。

かわいい子に見られたい。

引け目を感じずに友達と話して笑いたい。

遊びたい。

今、中学生のメイちゃんの代弁をすると、 こんな感じだったような気がする。

でも、当時の私は、誰にも言わないし、誰にも求めない。
空気の抜ける行き場がない、張り詰めた風船は、パンパンになってはじける。

そして、風船が割れた時、つい、 そこから漏れ出す。

「毎日お風呂に入りたい。」

その言葉に込められているのは、パンパンの風船に入っていた、たくさんの思い。

だから、お風呂を却下された私は、その裏にあるたくさんの思いも拒絶されたような感覚に囚われ、傷つき、そして、さらに心を閉ざしていく。

こうやって振り返ってみると、私にも問題があったようにも思えてくる。

でも、だからといって私はどうすればよかったのだろうか。

 

『~してもいい?』と聞かないと、何もできない子だった。

子どもの頃、母にからかわれたことがある。

「芽依は、どうして、いつも『~していい?』って聞くの?
そんなの、聞くほどのこととちゃうやん。」

そう母から言われるまで、私は、母にいつも許可をもらっているという感覚はなかったし、許可を求める気持ちもなかったと思う。
ただ、何かをする時は、『~していい?』といつも聞いていたことは覚えている。

そうやって母に問う時、 私の心の中にあるのは不安だったと振り返る。

私はいつも不安だった。

失敗するのが怖かった。

幼稚園へいく時は、怖い気持ちになって行き渋り、いつも泣いていて、よくお漏らしをしていた。
職員室でパンツを履き替えるのが恥ずかしかった。

そんなだから、いじめられて幼稚園はやめてしまった。

小学生の時、忘れ物をしたときはこの世の終わりのような恐ろしい気分になり、激しく泣いて周囲を困らせたことを覚えている。

 

何に、とか、誰に、とかでなく、いつも不安で、母に確かめないと 身動きが取れなかったのかもしれない。

ただ、小学生、中学生の日常は、決められたスケジュール、関係性の中で成り立っていて、その中からはみ出さずに動いている限り、私が決められない不安な人間だとは誰もわからない。

誰も気づいていたなかったと思う。

自分さえも、つい最近まで、「自分のやりたいようにやっていない事実」に気づいていなかったのだから。

 

毒母との葛藤、まず誰かに話してみてください。

私も、まだ毒母と決別できているわけではなく、幼少期からの葛藤や問題を解決していくには、まだまだ時間がかかると感じている。

ただ、こうやってブログを開設し思いを綴り、毒を吐き出していこうと思えるようになったのも、私の気持ちを無批判に聞いてくれる人たちの存在があったからだ。

いきなり、心を自由に、自分の気持ちのままに生活することは難しいかもしれない。

まずは、信頼できる人に話してみる…それが、自由への一歩だと感じている。

オススメ

-BLOG, 毒母ノート

Copyright© 心の中で夫を殺した日 , 2017 All Rights Reserved.