スポンサーリンク


BLOG

悩める妻たちのバイブル「夫に死んでほしい妻たち」の、アマゾンのカスタマーレビューを読んでクソ腹が立ったから書いておく。

更新日:

女性たちが、心の健康や自由やプライドを捨ててまで、結婚生活にすがらざるを得ない中で、せめて愚痴を言ったり、クウサツしたりする…そういう自由さえ奪おうとする、まったく無理解で横暴でトンチンカンな男たちからと思われるレビューを読んで、クソ腹が立った。

「家事育児程度で大変だとわめくのは無能だ」
「社会に対して声を上げない」的なコメント。

お前ら、2,3人の乳児幼児抱えながら、仕事して、家事育児して、それで社会が良くなる運動でもやって、それできてから物言えよ。
妻がしんどいって言ったら、ベビーシッターでもハウスクリーニングでも雇ってやれよ!
お前が妻様を無能呼ばわりできるほどの有能で高給取りなら、そのくらいたやすい御用だろ!
女に子ども産ませて、自分は仕事辞めずに、仕事削らずに、昇進したのは自分だけの手柄のように言ってんじゃねえよ。
命がけで子ども産んで、不眠不休で赤ちゃんの世話して、家事して育児して、そんな立派な女が、2,3人子ども産んで職場復帰しても、今の日本では昇進できねえんだよ、稼げねえんだよ、そんなことも知らねえのかバーカ!
経済的自立ができない女をバカにする男に限って、自分が小学生でもできている身辺自立(自分の服はたたむ、洗濯機に汚れた服を入れる、ゴミをゴミ箱に捨てるetc.)ができない低能なんだよ!
そもそも家事育児程度っていう男は視野が狭すぎて、どうせ仕事も無能だろ!

社会でバカにされてる奴ほど、家でレビューで偉そうに言うんだよ、バーカ!

「旦那の愚痴ばかりで辟易した」
「主婦の鬱屈した不平不満を書き並べただけ」

いいんだよ、そういう本なんだよ!
みんな知ってて読んでるんだよ!
そういう、需要があるんだよ!
周知の不文律をあえて知ったかぶりの上から目線で、わざわざレビューに乗せて、はぁ?ベストレビュアー気取りか?!

そういう、空気の読めない男がクウサツされてんだよ!

「男性視点に入れ替えると…」

自分の立場に置き換えるのは、いい心がけだ。

職場の上司と部下の関係に置き換えてレビューしたこの男は、少なくとも自分の持てる限りの想像力で相手の立場に立とうとする優しい紳士と見受けられたが、結局の例えが「上司と部下」。
つまり、立場の強い弱いが夫婦間にある(しかも女性が下)という無意識の男女観が出たな。

こういう男は、一見親切そうで、自分の深層に潜む差別心に気づいてないから厄介でたちが悪い。

「夫婦関係で一番大事なセックスを取り上げてない。」
「セックスさえうまくいっていれば、問題ない。」

このレビューのこの部分(だけ)には賛成一票。
うちは、セックスレス歴10年だからな、そりゃうまくいかんわな、と前から思ってる。

 

買って読んでるのが見つかって、タダでさえガタガタスレスレの夫婦関係をめんどくさくしそうだったら、kindle版もあるみたいなんで、うっぷんの溜まった妻様たちよ、ぜひ読んでストレス発散してみては?

「 」内は、アマゾンレビューより引用。レビューの詳細は以下でどうぞ。
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%AB%E3%81%AB%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%84%E5%A6%BB%E3%81%9F%E3%81%A1-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B0%8F%E6%9E%97-%E7%BE%8E%E5%B8%8C/dp/4022736615/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8

オススメ

-BLOG

Copyright© 心の中で夫を殺した日 , 2017 All Rights Reserved.