スポンサーリンク


BLOG 心の中で夫を殺した日

たった今!!クソ夫が、目の前で寝ていて腹が立って仕方がない。

更新日:

こうやってブログを書いているのも(始めたばかりだけど)実は、いずれかマネタイズできたらいいなと思っているからだ。
パート以外の収入源、お小遣程度でもいいから何か得られるものがないか今、模索中なのだ。

そんなことを考え始めた原因は、最近、夫の稼ぎが悪いから。
零細の同族会社で、何の発展性もない仕事しかしてないから、時代に取り残され会社の業績はダダ落ち、夫の給料は年々減額している。

まだ、私ががっつり正規雇用で働かなくてもギリ生活できる感じだが、今年のGWはどこにも行けず、子どもたちは近所の公園でボール遊びで終わった。
そんな生活だ。

 

で、今まさに夫に腹が立っている話

晩酌でワインを飲みまくり、子どもたちより早くネンネしたクソ夫の横で、次男が大量の鼻血を出した。
横で寝ている夫はゆすっても起きなかったらしく、次男は、2階の寝室から1階の私が作業しているリビングまで下りてきた。
寝室から階段、リビングまで、次男が歩いた場所は、まるで厚切りじゃない方のジェイソンが血のしたたるナイフを握ったまま行方をくらましたあとのような惨状。

はぁぁ。子どもを寝かしつけた後、片づけを終えてホッと一息やっとブログでも書こうかという時に、掃除と血の滴る布団の始末と。マジへこむ。

次男は、体が弱めで、よく鼻血も出すし、嘔吐する。だいたい決まって夜中に。
パートから帰って、家事をしてバタバタと子どもを寝かしつけ、
「明日の朝のみそ汁の具、何かあったかな~」
「くそ~今日もテレビ見れなかったな~」
とウトウト落ちていく、まさにそんなタイミングに血やら何やらを排出するのが次男だ。

そんなときの夫は、ゆすろうが、電気をつけようがやる気をまったく見せない。

(超間抜けな顔で)「ン?なに?」
「次男君が鼻血、ちょっと大変なんやけど」
「そっか~」
と再び夢の中へ、まったく使い物にならない。

母親とそうでない人は、なぜこんなに違うものかと思う。
母親は、寝ている時でも、子どもの様子が普段と違ったら飛び起きますよね?
私は、次男が幼児ということもありますが、まだぐっすり眠れる日はあまりありません。

つまり、夫が次男に起こされて、枕元のティッシュで対応してやれば、血みどろのシーツの洗濯や1階に続く血痕の掃除をしなくてもよかったという話。
しかも、それらの処理が終わって寝室へ行くと、何事もなかったかのように夫がイビキをかいて寝てやがる。

今日は5月というのに猛暑日だった。
Tシャツをまくり、毛の生えた中年腹があらわになった間抜けな姿は、余裕がある時は笑えただろうが、今の時点では殺意しか覚えない。

何のために眠い目こすってブログ書いてるのか、お金のことばかり考えているのか。
お前のせいだよ!

死んでまえ!!

オススメ

-BLOG, 心の中で夫を殺した日

Copyright© 心の中で夫を殺した日 , 2017 All Rights Reserved.