スポンサーリンク


BLOG 心の中で夫を殺した日 毒母ノート

結婚は、希望か絶望か。無神経な夫と、やり直せるだろうか?

更新日:

このブログを立ち上げ、本を読み、私はずいぶん進歩したと思う。

夫に心の中ではキレまくり、でも、面と向かっては何も言えない従順な妻だった。

ただ、うっ積した思いは行き場を無くし、抑うつ的になるか、怒りを爆発させて手がつけられなくなるかどっちかだった。

適切に、自分の感情をコントロールできない。うつの繰り返し。

『不幸にする親』を読み終えてしばらくたっている。

悩んでいた。自分を受け入れ、新たな関係を、夫とまた、やっていけるかもしれない。
そんな希望が、私の中に芽生え始めていた。

 

思い切って、毒母のこと、歪んだ私のこと。夫に話してみようと思った。

酔っている夫に話すのは、何となく気がひけたが、
逆に、いい加減に聞いてもらった方が話しやすい気がした。

私は、「夫に比べて親に愛されて育っていない」という、負けを認めるようなセリフから、話に入った。

私は温かな愛情の中で育ってこなかったことがあって、歪んでいる。
生きづらい。しんどい。

私が目をそらし続けてきた、気づこうとも、認めようともしてこなかった事実。
思い切って言ってみようと思った。

「私は、誰と結婚しても、うまくいかなかったと思う。」

私は、いつものように、こんな時でさえ 相手に気を使って、自己反省から話に入った。
まず、自分を下げてからしか話ができない私の悪い癖だ。

次の瞬間、彼から放たれた言葉は、鈍く重く私を打ちのめした。

「わかるわ〜。前の嫁とよう似てるもん、お前。」

 

こんなときに、夫は過去の離婚話を持ち出した!

夫は、私と出会う10年ほど前、離婚をした。
離婚理由は、一言で言えば性格の不一致らしい。

非を認めることについてはお互い一歩も譲らず、親権を巡って意地の張り合いの裁判をし、泥沼のまま決着を迎えたと聞いていた。

夫は、心底前妻を憎んでいるようだった。
いつも、前妻をバカにしているような話をしていたが、会ったことも見たこともない人。
何か、そういう話を聞くたびに、居心地が悪かった。

ともかく、
夫が最も嫌う前妻と私はよく似ていて、誰ともうまくやれない女と私のことを見下し、「離婚の経験をとおして人間力がアップした俺だからこそ、お前との結婚生活は何とかなっている。」と言い放ったのだ。

あたかも、今の結婚生活は、夫の我慢の元に成り立っているそんな口ぶりだった。

ナンダソレ。

夫とまたやり直せるかもしれない。
そう思っていた自分が、情けなかった。

蘇る。思い出す。
そうだった。

 

夫だけを頼りに、家を飛び出し結婚した私だった。

親は、私が誰と交際をしても否定し、批判し、許そうとしなかった。

夫と結婚しようと思った時も、母は口を利かなくなり、私の言い分は聞かず、デートへ行くのも邪魔した。

もうでも、これ以上、実家に縛られていたら、私の人生は終わるような気がした。

「そんなにその男と付き合いたいのなら、親を捨てて出ていけ!縁を切れ!」

母はそう言い、私は出て行った。
私は、親を捨てたことになり、帰る場所もなかった。

結局夫と結婚することにしたが、婚約指輪も、結婚式も、披露宴もなかった。
彼と、居場所を作れるかもしれない、それだけが、希望の光だった。

だから、結婚して間もない時、不安な私は彼に問いかけた。

「私のことはずっと好き?」

「一生好きでいられるかどうか、そんなものわからない。」

もう後には戻れない。
私が、自分の人生を、先の見えない未来への心細い道を照らす、わずかばかりの灯りを求めた、その時に。

夫は私にそう言い放ったのだ。

残酷なセリフを夫は、そうとも思わず、なんのてらいもなく言う。
それが夫だ。

私の光になるつもりは毛頭ないのだ。

 

 

誰かとうまくやりたい。

私は、子どもの頃から、ずっと、ずっと、自分の居場所を探している気がする。
温かくて、思いやりと、優しい言葉にあふれた、リラックスできる場所を。

 

夫や毒母との葛藤、まず誰かに話してみてください。

私も、まだ毒母と決別できているわけではなく、幼少期からの葛藤や問題を解決していくには、まだまだ時間がかかると感じている。

ただ、こうやってブログを開設し思いを綴り、毒を吐き出していこうと思えるようになったのも、私の気持ちを無批判に聞いてくれる人たちの存在があったからだ。

いきなり、心を自由に、自分の気持ちのままに生活することは難しいかもしれない。

まずは、信頼できる人に話してみる…それが、自由への一歩だと感じている。

オススメ

-BLOG, 心の中で夫を殺した日, 毒母ノート

Copyright© 心の中で夫を殺した日 , 2017 All Rights Reserved.